15時17分、パリ行き

 

15時17分、パリ行きを観てきました。

クリントイーストウッド監督、アムステルダムからパリ行きの列車の中で起きたテロの実話です。主演の3人は本人が演じているとの事。

実話を元にしているからか、映画特有の誇張などなくたんたんと物語が進んでいきます。映画の長さに比べテロの場面はとても短く現実とはこんなものだろうと思います。

☆☆☆★★

コメントを残す