コンクリート打設

コンクリート打設です。

スランプ15です。

スランプとは、上の内径が10cm、下の内径が20cm、高さが30cmの鋼製中空のコーンにつめたコンクリートが、コーンを引き抜いた後に最初の高さからどのくらい下がる(スランプする)かを示すものであり、スランプが大きいコンクリートは、軟らかいコンクリートということになる。

コンクリートの密実さは余剰水をできるだけ少なくする事です。スランプを小さく設定して水の量を減らします。

コンクリート打ち終わり。

1200プロジェクトは超がつくほどローコスト住宅。

コンクリート打設の回数を減らすために1200プロジェクトの基礎は1回仕上げ(基礎の立ち上がりを設けません)

底盤の上に直接土台を敷いていきますので、底盤の高さをしっかり見ながら行いました。

 

 

コメントを残す