垂井の家

木造平屋建て
2011


垂井の家 外観
南東外観



垂井の家 外観2
南外観 軒を深く低く抑えたプロポーション



垂井の家 アプローチ
住居アプローチ



垂井の家 中庭
中庭 門をくぐり玄関へ向かう



垂井の家 キッチン
キッチンよりリビングを見る



垂井の家 リビング
ワークスペースよりリビングを見下ろす。西窓から光が入る



垂井の家 リビング
リビング



垂井の家 中庭
和室前の廊下よりリビングを見る 夕景


垂井の家 中庭 夕景
アプローチよりリビングを見る 夕景



 井の家は伊吹山のふもとを流れる相川のほとりにあります。
 お施主さんの要望は、敷地の中で学習塾と住居を両立させる事。今回もプライバシーを考慮して、中庭を囲む形として計画しました。
 客人は、天井と壁に挟まれた路地空間の門をくぐり、開けた中庭を通じて建物の全体像を認識し、玄関へと向かいます。
 畳の敷かれたリビングの開口部は、軒を深く出し、一日の内で朝日を最も大切に扱いましょうとの想いで、南東方向に開いています。



後藤耕太建築工房