豊田の家

木造 地上2階
2012


豊田の家 外観
南外観



豊田の家 リビング
アプローチ



豊田の家 アプローチ
アプローチ 玄関扉を見る



豊田の家 玄関
玄関   天井・壁・床に切り取られた景色が来客を出迎える



豊田の家 テラス
テラスより東を見る この眺望を生かす設計を考えた



豊田の家 テラス
テラスと住宅



豊田の家 リビング
リビング・ダイニング



豊田の家 家事室
家事室



豊田の家 廊下
廊下より洗面所を通じて家事室を見る



豊田の家 階段
階段室



豊田の家 階段天井
六角形の中心である階段室を見上げる 空のみを切り取ったトップライトよりやさしい光が降り注ぐ



豊田の家 寝室
2階寝室 もっとも眺望のよい景色を庇で切り取る



豊田の家 アプローチ見返し
玄関見返し 正面の壁により視線はカットされる



豊田の家 アプローチ見返し
駐車場よりアプローチを見返す



豊田の家 外観
テラス下より建物を見上げる



 豊田の家は、六角形の平面を持つ住宅です。
 愛知県豊田市、既存宅地により分譲された4区画のうちの一番奥まった位置にあります。
 敷地の南側には住宅が建つ事が容易に予想されましたが東側にはどこまでも視線が抜けるすばらしい自然が残っていました。東側の眺望と南からの光も取り入れたいと、六角形の形は決まっていきました。
 階段室を中心に1階・2階とも回遊できるプランとしています。
 この建物の象徴的な中心としての階段室に設けた唯一のトップライトにより、日々の明るさの変化を認識する事で、季節の移ろいを感じられるようになっています。
 豊田の家が竣工して、この敷地の持つ魅力や弱点に対する問題を一番よい形で解答できたのではないかと思っています。
 



後藤耕太建築工房