木造2階建て

南外観

 

アプローチ

車寄せ

 

アプローチ2

 

玄関扉を開けるともみじが見える

 

リビング

 

家事室

 

洗面所

 

壁天井の桧風呂

 

廊下

和室

 

階段

 

階段を見上げる。六角形の形状が現われる。トップライトが階段室の明るさを決める。

 

寝室からの景色

 

テラス

 

物入れ取手

 

外観

豊田の家は、六角形の平面を持つ。

敷地は、愛知県豊田市の中心部から車で20分ほどの場所にあり、周囲にはのどかな風景も残っている。既存宅地により新たに幅員6mの道路が造成され、クルドサックを中心に分譲された4区画のうちの一番奥まった位置にある。

敷地の南や西には住宅が建つ事が容易に予想されたが東側にはどこまでも視線が抜けるすばらしい自然が残っていた。東側の眺望を取り入れる事を中心に考え、南からの光も取り入れ、庇も出したいと、試行錯誤するうちに、六角形の形は決まっていった。

階段室を中心に1階・2階とも回遊できるプランとした。

リビングの木製建具は、四方を隠し框とし、床面をテラスと同じ高さにそろえる事で、外部空間との関係が途切れずにつながっていく事を考えた。

この建物の象徴的な中心としての階段室に設けた唯一のトップライトにより、日々の明るさの変化を認識する事で、季節の移ろいを感じられるようになっている。

豊田の家が竣工して、この敷地の持つ魅力や弱点に対する問題を一番よい形で解答できたのではないかと思う。

 

豊田の家(眺望のよい六角形の家)

所在地 愛知県豊田市上原町西山676番2

構造 木造 2階建

主要用途 一戸建ての住宅

敷地面積 204.20㎡(61.9坪)

延べ床面積 140.45㎡(42.6坪)

1階床面積 82.36㎡(25.0坪)

2階床面積 58.09㎡(17.6坪)

建築面積 83.77㎡(25.4坪)