南東外観

アプローチ

 

玄関

 

リビング・ダイニング

 

リビングダイニング2

 

リビングダイニング3

 

リビング・ダイニング4

 

ワークスペース

 

寝室

 

子供室

 

 

 

 

 

屋根裏納戸

 

外観夕景

 

東浦の家は、知多半島の昔ながらの住宅街にあります。

西に主人のご実家、南に駐車場、東に自然が残る敷地でした。塀などで囲いを設けず地域の人とつながりを保ちたい、掘りごたつスタイルで生活したいという要望に対し、リビングの高さを少し上げ一部掘りごたつ形式にし、南からの視線と家の中からの視線をずらして、外の景色を取り入れながらもプライバシーを守っています。

杉の無垢材を多用し、経年変化を受け入れられる建物となっています。

昔ながら住宅街に立つこの建物は、その景色を壊さない、ずっと昔からあったような建物になっていく事を願っています。

 

東浦の家(堀ごたつ風和モダン住宅)

所在地 愛知県知多郡東浦町

構造 木造2階建

主要用途 一戸建ての住宅

敷地面積 322.51㎡(97.7坪)

延べ床面積 115.11㎡(34.9坪)

1階床面積 97.72㎡(29.61坪)

2階床面積 17.39㎡(5.27坪)

建築面積 108.39㎡(32.85坪)

 

掲載紙:和風住宅23(新建新聞社)