ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

久しぶりに映画を観ました。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

 

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットがでて、クエンティン・タランティーノが監督となれば見ない訳にはいきません。

1969年の女優シャロン・テート殺人事件という史実を軸にした作品。

スターをそろえながらも、ストーリーに驚きもなく、良かった映画というには物足りない。

タランティーノ監督や映画のカット割りなどを楽しむコアな映画ファンなら、楽しめるのかも。

★★★☆☆

 

 

コメントを残す