岐阜県木造住宅アドバイザー

岐阜県木造住宅アドバイザーになるために講座を受けました。

破壊試験の様子が見られるというので見学に。

木材の強度は破壊してみないとわかりません。

今日は杉材120角 スパン2700 を破壊しました。

120㎜×120㎜の杉材で距離2700㎜の橋を作ります。その上から徐々に荷重をかけていって壊れる時の荷重を測ります。

実際何キロぐらいで壊れると思いますか。

 

答え4200㎏

想像をはるかに超えてました。

4200㎏もかけるとたわみがすごいので、結局たわみによって梁成は決まってきます。

コメントを残す

前の記事

床貼り

次の記事

ガラス搬入